絶対に外さない信頼の深煎り。カイルアコーヒーのケアミックスの紹介。

秋にぴったりな味わい。

こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。なんとなく秋は深煎りのコーヒーが美味しく感じます。カフェでも深煎りを頼むことが多くなりました。

 

今回の記事はそんな深煎りの豆の紹介です。

CoarsePaperではいくつか老舗のブレンドを紹介してきました。

銀座「カフェ・ド・ランブル」のブレンドを購入。水出しで淹れてみました。

北山珈琲店のオールドコーヒーをペーパーと水出しで淹れてみました。

今回は老舗のブレンドというカテゴリの中でも様々な喫茶店で深い信頼を得ている豆を紹介したいと思います。

 

カイルアコーヒー・ケアミックス

カイルアコーヒーとは

東京・国立に居を構える老舗焙煎所です。

実際にお邪魔したことは無いのですが、何度もその名前は聞いたことがありました。

カイルアコーヒーの店舗ではもちろんのこと、たくさんの喫茶店に焙煎した豆を卸しています。僕はその卸した先の喫茶店で豆を購入しました。

【仙台】老舗カフェ「カフェ・ド・ギャルソン」にお邪魔してきました!

 

膨大なお得意先を抱えているにも関わらず、焙煎を行う焙煎士の方は一人で、すべての焙煎を担当しています。

 

有名なのがロアミックスとケアミックスという2つで、前者は中深煎り、後者は深煎りです。

ネーミングはハワイの山からとってるんですかね。

 

ケアミックスをペーパードリップで淹れる

カイルアコーヒーの「ミックス」は生豆の状態で混ぜて焙煎するのではなく、それぞれの豆を、その持ち味を活かせる焙煎度合いで焙煎した後に混ぜるという段階を踏みます。色合いは若干のバラ付きがありますね。

ロアブレンド・ケアブレンドと言わないのはそのためでしょうか(卸した先ではそう呼ばれていますが)。

 

20gをカリタのナイスカットミル、3.5で挽きました。金網ドリッパーと、コットンが織り込まれているペーパーを使用しています。

 

湯温が89℃になったらマグカップに少しお湯を注ぎます。これはカップを温めておくというのはもちろん、ドリップポットのノズル付近の冷めているお湯を取り除く目的です。

 

一湯目。そっと置くように注いでいきます。
そういえば月兎印のステンレスポット、めっちゃ使いやすいですよ。

月兎印のステンレススリムポットを遂に入手。外観をじっくり観察します。

 

最近はペーパーの染みを見ながら蒸らしの湯量を調整するようになりました。

カイルアコーヒーさんは焙煎後あえて時間をおいてから出荷しているようで、強烈な膨らみが無いのが特徴です。
まぁ個人的にはこのくらいのほうが淹れやすいですが。

 

膨らむのが終わり、逆にしぼみ始めるタイミングで二湯目を注ぎ始めます。500円玉くらいの領域をクルクルしましょう。

この豆はこの時の香りが半端ないです。淹れないとわからないので買ってきて淹れてください。

 

撮りながら淹れるのって割と難しいんですよ…

 

150mlで完了です。

最近BOROSILの一番小さいタンブラーをドリッパー置きとしても使うようになりました。

BOROSILのグラスはミニマリズムそのものだと思う。

 

例の如く200mlまで差し湯して撹拌します。

 

完了です。

 

驚くほど居心地の良い味

端的に言うと居心地の良い味がします。なんかこう北山コーヒーのような爆発的な旨味とか、そういう強烈な主張は感じませんでした。

それぞれの豆の主張がばらついておらず、調和がとれている印象があります。これは焙煎後に若干寝かせるという工程が功を奏しているのかもしれません。

しかしそれだけではなく、やはりそれぞれの焙煎度合い、そして配合割合の非常に繊細なバランス感覚がなせる業かなと思いました。

 

逆にこれを飲んでしまうとどのコーヒーもなんとなくどこかが尖っているというか、ホーム感が薄れてしまうかもしれないですね。

 

まとめ

カイルアコーヒーのケアミックスの紹介でした。

 

カイルアコーヒーのミックスが飲めるお店は公式ホームページにリストがあるのでチェックしてみましょう。全国的に採用されているのであなたの近くの喫茶店でも提供されているかもしれませんよ。

得意先-カイルアコーヒー

ではでは〜。

人気記事はコチラ