Westone W40の開封&レビュー。BA4基で高解像度なバランスの良いイヤホンです。

初めてのBAイヤホンがこれ。

w4012

 

CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。今までSHUREのSE215を5年間くらい3代に渡って使用してきたのですが、そろそろBAが欲しくなり、買い替えを検討していました。



Westone UM Pro30を購入する予定だったのですが、Westone W40というWシリーズが出た当初はフラッグシップだったBA型のイヤホンを購入しました。秋葉原のeイヤホンで視聴してみたらこっちのが好みだったんですよね〜

 

今回は、その開封と外観をじっくり見て、音質面についても簡単に紹介していこうと思います。あんまり耳が肥えてないのでアテにならないかもですが。

 

開封

 

w4002

とりあえずパッケージ。シンプルでインパクトがありますね。

 

w4003

スリーブを取るとサラサラした感じの箱が出てきました。ロゴがエンボス加工してあります。

 

w4004

マグネット式のカバーを開けると、本体が顔を出しました。

 

w4007

さらに下にはゴツいケースが出てきました。

 

w4013

とりあえず本体から見ていきましょう。WestoneもSHURE掛けできるタイプの形状です。

 

w4014

端子はMMCXを採用していてリケーブルも楽しめそう。純正のケーブルも結構取り回しが効いて評判が良いです。

 

w4000

SHUREのSE215と比較すると丸みを帯びていて、若干W40のほうが厚みがあります。BAが4基入ってるとは思えないくらいコンパクトにまとまってますね。

 

w4015

リモコン付きのケーブルも付属していました。個人的にあまり好きではないので使わないかなぁ。

 

w4018

Wシリーズの特徴の1つなのですが、フェイスプレートを変えることができます。W40には元々付いているブラックの他に、レッドとブルーが付属しています。

左右でプレートの色を変えたりすればひと目でどちらか分かりますし、気分で変えられるのは良いですね。値段の割に安っぽいですけど。

 

w4008

モニターヴォルトケースと言うらしい。かなりしっかりしたケースです。

 

w4011

中はクッションが敷かれ、イヤホンを衝撃から守ります。縁にはパッキンがあるので防水性もあるようです。

 

w4019

付属のイヤーピースですが、全部で10種類もあります。

 

w4020

上段は低反発でゆっくり形が戻る耳栓みたいなタイプで、下段がSTAR SILICONEという通常のイヤーピースに近いタイプのものです。

どちらも遮音性は高く、STAR SILICONEのほうが密閉感がある気がします。

 

他に、フェイスプレートを付け外しするためのドライバーと、ホコリ等を取り除くクリーナーが付属していました。

 

音の傾向など

w4000

長いこと使ってきたSE215と試聴を重ねたUM Pro30を書いていこうと思います。

低音域

W40は低域にBA2基を使用しています。

とはいえ低音域の量が多いかというとそうでもなく、他の音域を邪魔しない程度に鳴っている感じです。

というのも、今までダイナミックを使用してきたので、多分BA型としては量は多い方なのでしょう。かなり下の方まで拾っています。

SE215のような空気が震える感じともまた違い、引き締まっているイメージです。

 

中音域

W40の解像度の高さがよく現れるのがこの中音域だと思います。UM Pro30では若干引っ込んで聞こえた音も前に出てきていて、綺麗に聞こえます。

ボーカルが目立つ曲を聞くと非常に引き込まれますね。

 

高音域

ダイナミック型から買い換えて衝撃的だったのがこの音域です。

何よりハイハットが全然違く聞こえます。こんなに聞こえていなかった音があったのかと思いました。

高音充実している系にありがちなサ行が刺さるということもなく、さすがのWestoneと言った感じです。ボーカルの息遣いも非常にリアルで、解像度の高さを感じます。

 

全体を通して

SE215に比べると全体を通して音のキレが良くなったなと感じます。解像度が上がって、無音になる時の音の減衰が速くなりました。

UM Pro30と比べると中低域あたりがハッキリ聞こえるような気がします。

ギターの音の質感や、息遣いを含めたボーカルなど、かなり生々しく聞こえるようになって満足です。宇多田ヒカルとか酸欠少女さユりとかが得意かもしれません。

打ち込み系も分解能の高さが生かされます。rei harakamiだとか、猫叉Masterとか聴いたら別物になってました。そもそもこの辺のアーティストはWestoneのウォームな音作りと相性が良さそうです。

 

まとめ

 

w4013

かなり高額な商品ですが、非常に状態の良い中古品で予算内で買うことが出来ました。

今後はリケーブルやイヤーピースで変化を楽しんでいこうと思います。暫くイヤホンの買い替えは無いかな…

 

あと、上流(アンプやDAP)も少しずつ揃えていきたい所ですね。今はXperiaに直刺しなので笑

 

ではでは〜

 

 

人気記事はコチラ