辻和金網のドリッパーが完全に芸術品の域…ドリップした感想など。

これが「用の美」というやつか…

coffee24
こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。コーヒーを抽出する上で最もベーシックな手法といえばペーパードリップですが、ペーパードリップをするためのドリッパーにもいろいろ種類があります。

携帯ドリッパー界の黒船、Tetra Dripのデザインが幾何学的で美しい。

今回紹介するのは先日購入した「辻和金網」の円錐型の金網ドリッパー。美しいこともさることながら抽出後の流れを阻害しないデザインで、コツはいりますが非常に美味しいコーヒーができあがります。

 

辻和金網

辻和金網は昭和8年に京都で創業。非常に長い歴史を持つ金網細工の工房です。現在三代目。

茶こしや湯豆腐用の杓子、干し籠、胡麻を煎るための金網など、様々な暮らしの道具を手作業で作り出してきました。

 

コーヒードリッパーはたった5年前に誕生した最新作。制作している職人の方もコーヒーが好きで、毎日使っているそうです。

 

辻和金網コーヒードリッパーの雅な美しさ

coffee23

もう完全に惚れ込んでいます。初めて白黒で撮影してみたのですが、シルエットが際立って綺麗に撮れますね。

 

coffee16

僕が購入したのはこちらの銅製のモデル。他にステンレスの物もあります。

基本的にステンレスのほうが汚れがつきにくく購入時の綺麗さを保ちやすいみたいです。僕は黒ずんでいく変化を楽しみたい側の人間なので銅製にしました。

 

coffee17

スタンドとドリッパーはこのように別れます。左のスタンドだけでも淹れられそう。というか松屋式金枠とかまんまこんな感じですよね。

ドリッパーに取っ手が付いているのでネルドリップみたいな感じで淹れることも出来ます。

 

coffee18

上に向かうにつれて六角形が大きくなっていくのがわかります。

 

coffee19

横から見たところ。型は茶こし用の木枠を使っているみたいで、非常に均整がとれていますね。

 

coffee20

取っ手の部分の美しさも思わずため息が出ます。斜めの線が全て一定の間隔、同じ角度で巻かれていてとても手作業とは思えません。

 

coffee21

縁の部分の末端処理も非常に丁寧で、目を凝らさないと先端が見えないほど。

[adsense]

実際にドリップする

coffee00

撮影しながらドリップするのは初めてでしたがなんとかやってみました。豆はブラジル ノッサセニョーラ農園 ボブリンクコーヒー。ボブリンクはブルーボトルなんかにも豆を提供してます。

 

coffee01

セットするとこんな感じになります。もう一回り大きいビーカーでも対応できそうなくらいには余裕があります。

 

coffee03

豆を20g挽いてペーパーにセットします。

 

coffee04

いざ一湯目を投下。この時点で空気の抜けが非常に良いことが実感できました。お湯の温度は87度くらい。

 

coffee05

空気が綺麗に外側へ抜けるので蒸らしも完璧に行なえます。ボコボコいわずにじわじわ膨らんでくれました。

 

coffee06

お湯が下だけでなく側面からも抜けやすくなっているので、抽出速度が早くなり過ぎないように注意しながらお湯を足していきます。

 

coffee09

壁を壊さないよう注意しながら慎重に。流れは阻害しないもののしっかり保持してくれるので安定しています。

 

coffee10

20gで150ml入りました。抽出完了です。

 

coffee12

僕の場合はここに50mlお湯を追加します。この辺は松屋式の影響かなぁ。

 

coffee14

写真がボケてるけどいい感じの濃度で淹れられました。ハリオのガラス製のドリッパーを使ってた時から豆の分量はそんなに変えなくても良さそう。

 

この豆は大好きなので頻繁に淹れるのですが、ハリオのガラス製のドリッパーの時に比べて角がとれた味わいになりました。お湯が滞在する時間が短いので、雑味、渋みが抑えられているます。後味は非常に長く続き、一口一口を楽しむことが出来ます。若干苦味が控えめな印象を受けました。ノイズが少なくクリーンな味わいです。素晴らしい!

 

まとめ

今回は「用の美」を放つ辻和金網のドリッパーの紹介と実際にドリップした使用感、味などについて書いてみました。

値段は送料込で6000円くらいします。とはいえこの美しさ、この美味しさを家で楽しめることを考えるとそんなに高くも感じません。壊れたら修理をお願いできるのも老舗ならではのメリットです。

 

抽出速度が早くなりがちなので、ペーパーをコットンペーパーにするなどの工夫が必要かもしれません。もうネルで入れちまえよって話ですが。

 

一言にペーパードリップのドリッパーと言っても、ハリオ式、カリタ式、メリタ式、コーノ式、コーヒーバネット…などなど種類は様々。

豆の違いを楽しむためにはいつも同じ道具で同じ方法で淹れるべきですが、たまに違う抽出器、違う方法を同じ豆で試すと、違う一面が垣間見れたりして面白いですよ。

 

ではでは〜

 

Kalita 細口ポット 0.7L
by カエレバ

 

 

ハリオ V60透過ドリッパー 02 クリア 1~4杯用 VD-02T
by カエレバ

 

 

人気記事はコチラ

 

コメント

コメントは停止中です。