500台限定…R2-D2のお仲間R2-Q5のバーチャルキーボードが発売

コアなファンにとっては垂涎もの?

 

 

こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。あなたはバーチャルキーボードをご存知でしょうか。これはレーザーで机の上にキーボードを写しだし、光センサで触った位置を特定することで文字を打つことが出来るものです。

今回、あの家電デザインで有名な「amadana」からスターウォーズに登場するR2-D2にそっくりなR2-Q5型のバーチャルキーボードが発売されます。発売日は5月4日、価格は33,480円(税込み)。

 

作中でもドロイドが映像を映し出すシーンが多用されており、キーボードを映し出す様はまさにそのシーンを想起させますね!

 

このR2-Q5というのはスターウォーズのエピソード4にのみ登場するドロイドです。なかなかファン以外では知る人はいないのではないでしょうか。

ちなみにR2-D2型のバーチャルキーボードはすでに発売中で、今回はそのスピンオフと言った感じです。

 

発売日である5月4日はスターウォーズとして公式に認定されています。これは作中のセリフ、「フォースとともにあらんことを(May the Force be with you)」にちなんでいるようです。

 

本体のサイズとしては5.1 x 7 x 9.8 cmで、重量が100 gと小型。リチウムイオン電池を搭載しており動作時間2時間に対して充電時間が3時間となっています。

 

 

公式ストアはこちら:amadana

 

R2-D2バージョンは楽天でも買えます。

 

出先でこれをおもむろに取り出したら結構受けそう!

 

ではでは〜

人気記事はコチラ

 

コメントを残す

*