ナイスカットミルのお手入れ方法。実はめちゃくちゃ簡単です。

毎日飲むなら週に1回くらいでやりたいね。

nice-cut-mill11

こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。今回は僕が使っている電動ミル(グラインダー)、カリタのナイスカットミルのメンテナンス方法を紹介します。

やはり家庭用ならではの簡単さでお掃除できるので持ってる方は是非やってみてください。注意事項もあるのでお見逃しなく〜。

 

用意するもの

 

nice-cut-mill20

ブラシとコイン。以上です。僕はミル掃除用のブラシを使っていますが、付着した粉末を払えれば何でもいいです。

カリタ エスプレッソ用ミルブラシ
by カエレバ

 

 

 

分解

 

nice-cut-mill00

さてさてこちらのナイスカットミルを分解していきますよ〜

とりあえずコンセントは抜いておきましょう。分解中にスイッチ入ったりしたら怪我や破損につながります。

 

nice-cut-mill01

その前に粉受けが酷く汚いので

 

nice-cut-mill02

掃除機で吸い込む。まぁどうせまた汚れるんですけどね…

 

nice-cut-mill03

いよいよバラしていきます。まずはコインをネジの溝に突っ込んでひねると、

 

nice-cut-mill04

手で回せるようになります。

 

nice-cut-mill05

取れました。

 

nice-cut-mill06

逆側も同様にしてネジを取ります。

 

nice-cut-mill07

ネジを取ると手前のユニットが取れるようになります。少しずらしたらボロボロ豆が落ちてきた…

 

nice-cut-mill08

取れました、これは粉の細かさを調整するためのユニットで、軸受の役割も果たしています。

 

nice-cut-mill09

外側はもちろん、ベアリングの部分もかなり汚れていました。ガンガン掃き出します。

 

nice-cut-mill10

さていよいよ豆を挽く心臓部を取り出します。結構重いです。理由は後述しますがゆっくりと引き抜いてください。

 

nice-cut-mill11

取れました。これが豆を心臓部に送り込み、切り刻んで粉にして、さらに下に送り出すところまでの機能を果たしています。

 

nice-cut-mill13

先端についてるバネが結構小さくて失くしやすいので注意です。これが無いとミルの中で歯が暴れてしまい、故障の原因にもなります。先ほどゆっくり引き出したのはこのバネを内部に置いてこないようにするため。

 

nice-cut-mill12

しっかりブラシで付着した粉末を落としていきましょう。豆には油分が含まれているので意外にしつこいですよ。

 

nice-cut-mill14 nice-cut-mill15

本体側もしっかり掻き出します。

 

nice-cut-mill16

結構取れましたね。床にもかなり落ちてます…

 

nice-cut-mill17

豆がガッチリ挟まっていました。こういうの見落としがちなのでチェックしてから組み立てましょう。

 

組み立て

nice-cut-mill18

心臓部は本体に入れて向こう側に押しながら回すとこのくらい奥まで入ります。ここまで入れた状態じゃないと次のユニットが取り付けられないので注意です。

 

nice-cut-mill19

細かさ調整のユニットを取り付けてネジで固定して終了です。お疲れ様でした〜。

 

全工程合わせて10分くらいでできると思います。

 

まとめ

かなり写真多めで丁寧に解説してみました。

 

ナイスカットミルを買ってからというもの、コーヒーを淹れる時にまずやる作業が「豆を挽く」から「電気ケトルに水を入れてスイッチを入れる」になりましたからね。恩恵はめちゃくちゃ受けてます。

 

バイトでMAZZERを使ったこともあるんですが、日々のメンテナンスは本当に大事で、前日に誰が掃除したか分かるくらいに使用感に影響があります。

ナイスカットミルは一応家庭用ですし(業務用としても使えるレベルではある)毎日メンテする必要はないですが、週に1回くらい、内部の古い豆を取り除いてあげる作業をするとコーヒーも美味しく飲めると思います。

 

思い出した時にでもこの記事見ながらやってみてくださいね!

 

ではでは〜

 

カリタ ナイスカットミル
by カエレバ

 

人気記事はコチラ

 

コメント

コメントは停止中です。