デスクの天板をぶち抜いてキーボードのケーブルを整理しました。

ワイヤレスじゃなくてもスッキリ。

keyboard-cable21

こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。

以前紹介したデスク環境記事の最後の方でぼやいてた、キーボードのケーブル処理をしましたので、工程を紹介していきたいと思います。

 

 

ワイヤレスじゃないキーボードだと机がごちゃつく

keyboard-cable01

全体的なケーブル処理はだいぶ前にやって記事にしていたのですが、その時はまだAppleの純正のワイヤレスキーボードを使用していました。

デスク周りのケーブルを百均グッズを使って整理しました。

 

keyboard-cable00

今はワイヤレスでないHHKBを使用していて、ケーブルが若干気になる状態になっていました。

せっかく色々頑張ってケーブル整理してきたので、このケーブルもなんとか目立たないようにしたいところ。

机に穴を開けてケーブルを隠す

keyboard-cable02

結構海外のPC好きやセットアップ好きな人がやっているんですが、机の天板に穴を開けてそこからケーブルを引っ張ってくることにしました。

さっそく作業していきましょう。

 

どの辺に穴を開けるか目印をつける

keyboard-cable04

一度穴を開けたら塞げないのでベストポジションを慎重に決めます。とりあえずこの辺か…?

 

開通

keyboard-cable05

とりあえずキーボードを避難させていざ穴あけ作業を開始。

 

keyboard-cable07

オラオラオラオラオラオラオラオラァ!

 

keyboard-cable09

見事に貫通。結構中がスカスカで、抵抗があったのは上面と下面だけでした。

 

ひたすら穴を広げる

ここからキーボード側のUSB端子が通るくらいの大きさまで穴を広げていきます。

keyboard-cable12

本来なら木工用のドリルを使用するべきだと思いますが、面倒だったので通常のドリルでゴリゴリ削っていきます。

 

keyboard-cable14

結構ガッツリ広げました。これで通るでしょ。

 

keyboard-cable15

ギリギリ通りました!とりあえず穴を広げる作業は終了。

 

keyboard-cable16

穴の断面をサインペンで黒く塗って穴が目立たないようにしました。これで完了です。

意外にサクッと終わりました。

 

まとめ

keyboard-cable21この角度からケーブルがほとんど見えないのは感動すら覚えますね。

 

keyboard-cable19

思ってた以上に効果があるのと、意外に作業はすぐに終わるのでオススメです。ケーブルが気になるという方は是非チャレンジしてみてください。

 

使った道具はこれだけ。

 

 

 
ではでは〜。

人気記事はコチラ