薄いモバイルバッテリー「cheero Slim 5300mAh」は旅のお守りにぴったりでした。[PR]

薄さは正義。

こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。旅行で必須になるモバイルバッテリーですが、今モバイルバッテリーってたくさん種類があって迷っちゃいますよね。

 

20,000mAhとかの超大容量のものを選ぶのも良いですが、個人的にオススメの運用方法は小さめのモバイルバッテリーを幾つか持っていくという事。移動時に使う荷物に一つ入れておいて、残りはホテルに置いて充電しておくと荷物が軽くて済みますよ。

 

そんなわけで今回はcheeroさんから薄型のバッテリー「cheero Slim 5300mAh」を提供いただきましたので、外観と使用感をレビューしていきたいと思います。

ちなみに5300mAhでiPhone 7を約2回充電できますよ。

 

cheero Slim 5300mAhの外観

こちらがパッケージ。既に薄さが伝わってきます。cheeroのパッケージは色合いがシンプルで好感がもてますね。

 

本体を手に取るとこのくらいのサイズ感。きめ細かいつや消しのアルミ筐体はサラサラして気持ちいのですが、冬は冷たくて辛いんですよねぇ。

 

めちゃ薄いぞ。側面はラウンド形状になっていて持ちやすいです。

 

以前紹介したcheero Power Plus 3 miniと比較してみました。やはり面積的なコンパクトさで言うとPower Plus 3 miniですね。

 

ただ薄さは圧倒的に今回のcheero Slimですね。USBの大きな方の端子ギリギリの厚さです。約1センチ。

 

角や電源ボタンは面取りしてあって綺麗です。iPhone 5とかのデザインに似てます。

 

僕が使用しているXperia Z3とのサイズ比較。このくらいだとスマホと重ねて使用するのにちょうど良さそう。

 

ローズゴールドのカラーもあります。

 

cheero Slimの使用感

まずは基本的な機能としてAUTO-IC機能(接続した機器に最適な電流を供給する機能)や、残量表示などが揃っていて安心感があります。

 

実際に旅行で使っていたのですが、やはり薄いといろいろ捗るなぁと思いました。

この写真のようなポーチや、薄めのポケットに忍ばせておけますし、スマホとあまり変わらない形なので、充電しながら同じ場所にしまっておけるのは便利なもんです。

 

あと5300mAhってかなり容量として大きくて、相当ハードに使用しない限り不足はないかと思いました。お陰で旅行中はバッテリーには一切困ること無く安心してスマホを使えましたよ。

 

まとめ

cheero Slim 5300mAhの紹介でした。いかがでしたでしょうか。

 

特に海外とかだとバッテリー切れって非常に怖い事態なので、どこかに忍ばせておける小型のモバイルバッテリーはオススメです。

cheero Power Plus 3 miniも大容量かつ小さくて便利なので合わせてチェックしてみて下さい。

 

ではでは〜

 

人気記事はコチラ