Amazon dashを試してみました。開封から注文まで。

通販の未来を感じる!

amazon-dash03

こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。最近Amazonが日本でのサービスを開始した「Amazon dash」をご存知でしょうか。

 

日用品を物理ボタン一つで注文することが出来るサービスなのですが、ミーハーなので早速購入して試してみました。

これが実際使ってみると結構面白いんですよ。全くインターネットを感じさせないシステムに仕上がっています。

 

ということで、今回はAmazon dashボタンの開封とセットアップ、そして注文まで一通り紹介していきたいと思います。

 

開封

amazon-dash17

注文して一日でポストに投函されていました。ボタンそのものは非常に小さいのでこのように簡単な包装で配送されてきます。

 

amazon-dash01

小さなダンボールに包まれたDash Button。今回はWILKINSONのDash Buttonを購入しました。

 

amazon-dash02

側面にはamazon dashの文字。ミニチュアを見ているような気分です。

さてさて開けていきましょう。このダンボールが、

 

amazon-dash04

こう開きます。Dash Buttonのデザインは商品ごとに異なっていて、こちらのWILKINSONのものは黒がベースになっていますが、evianは白だったり、サントリーは山の絵が描かれていたりと様々です。

 

amazon-dash05

内容物はこんな感じで、本体と取扱説明書と利用規約的なもの。Dash Buttonそのものは充電とか要らないんだろうか…

 

amazon-dash08

コチラが本体。右側の白い丸がボタンになっています。ロゴとボタンという必要十分なデザインです。

 

amazon-dash20

この黒いペットボトルみたいな形の枠は吊り下げておくためについているもので、必要なければ取り外すことが出来ます。

 

amazon-dash10

裏面には両面テープが付いていて、つるつるした面にDash Buttonを貼り付けることが出来ます。冷蔵庫にくっついてるところが公式のホームページにありましたが、あれは磁石では無かったんですね…。実際粘着面を保護した状態で冷蔵庫に触れてみましたがくっつきませんでした。

 

amazon-dash11

何のセットアップもしない状態でボタンを押したところエラーを示す赤いランプが光りました。ネット接続のエラーでもこのように赤くインジケータが光るようです。

 

セットアップ

セットアップはスマートフォンアプリを用いて行います。

 

amazon-dash11

左上のボタンからメニューを開き、アカウントサービスをタップ

 

amazon-dash00

続いて下の方にスクロールしてDash端末の項目の、「新しい端末をセットアップ」をタップ。

 

amazon-dash01

同意して開始をタップして指示に従いながらセットアップを行っていきます。

 

amazon-dash02

長押ししてみると、インジケータが青く光りました。この状態で接続をタップ。

 

amazon-dash03

なるほど、セットアップはBluetoothを介して行っているのですね。

 

amazon-dash04

接続が完了するとWi-Fiの設定が求められるので、SSIDとパスワードを入力します。そのWi-Fiの範囲内でDash Buttonは使えるようです。この時点でBluetoothとWi-Fiを送受信できる機能が備わってることがわかりました。これを500円でばらまくAmazonの心意気よ…

 

amazon-dash06

接続が完了した後に、ボタンを押した時にどの商品を注文するようにするかを選択します。今回は缶のWILKINSON炭酸水20本を注文するように設定しました。炭酸水大好き。

 

amazon-dash10

これで一通りセットアップが完了。簡単!

 

注文してみた

amazon-dash19

ボタンを押すと緑色にインジケータが光ります。

 

amazon-dash08

数秒後にはスマホに通知が来ていて、出荷準備に入ります。凄い。手軽すぎる。0円になっているのはAmazonのポイントを利用しているためです。

Dash Buttonそのものは500円ですが、Dash Buttonによる最初の注文時に500円分値引きされるのでボタンは実質タダです。

 

因みに、商品が配送されるまでは同じボタンを押しても注文がされないようになっていて、誤った重複注文を避けるようになっています。これは設定によって解除することも出来ます。

 

まとめ

ちょっと冗長でしたが、以上で開封から注文までの手順は終わりです。いかがでしたでしょうか。

 

最近のAmazonの取り組みはAWSはもちろん、レジの要らないコンビニや、トラックを用いた大規模データの輸送等、目を見張るものがあります。

特にこのAmazon dashについてはインターネットを使っているという意識が排除された新しい通信販売の形だと思います。ネット通販黎明期の注文の煩雑さが全くありません。

優れたテクノロジーはテクノロジーそのものを感じさせないと言いますがこれはその典型例と言えるでしょう。

 

Amazon dashの注文はこちらから

Amazon dash

 

近未来な感じがして楽しいので是非使ってみて下さい。

ではでは〜。

人気記事はコチラ