THE NORTH FACE「ACCESS PACK(アクセスパック)」の3つの魅力。ガジェット好きの為のバックパック。

PCリュック界に激震が走る?

img_572aa81a28bf2

こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。ブログを書くようになってPCを持ち運ぶことが増えましたが、PCってバッグに入れるとかなり重いんですよね。肩にかけるタイプのバッグだとキツいので、だいたいバックパックを背負うことになります。

 

そんな重いPCを運ぶのに適した機能を持ったPCバックパックを最近街でよく目にするのですが、結構似たり寄ったりであんまり代わり映えしないのがちょっとつまらんなぁと思うわけです。

 

今回はそんなPCリュック業界に一石を投じるバックパック、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)の「Access Pack(アクセスパック)」をご紹介します。アウトドアブランドならではの背負い心地とユニークな機能を併せ持った、ガジェッター垂涎の商品です。

 

都会的でおしゃれな外観

見た目はシンプルでありながらユニークです。こちらは濃いグレーですが、薄いグレーのモデルもあります。

このリブのような段々は、バックパックのメインのスペースにアクセスする際に線にそって曲がるようにするためのもののようです。固めの素材で出来ていて、形が崩れないようになっています。

 

通常のバックパックだと上部にベルトがついていて持てるようになっていますが、Access Pack(アクセスパック)の場合は指を引っかける凹みがあります。

少し持ち上げるくらいの動作にはこういう形のほうが実は便利で、ガジェッター界では知らない人はいないであろう「開くPCバッグmini」でもベルトではなく引っ掛かりが採用されています。

 

六角形の網の目のようなテクスチャもカッコイイですね。欲しくなってきた。

肩のベルトの長さも調節がしやすいようになっており、重さをなるべく感じさせないようにするというアウトドアブランドならではのこだわりが見て取れますね。

 

重いガジェットを綺麗に収納できる

大量にガジェットを持ち運ぶガジェッターに必要な、丁度いいサイズのポケットがいくつもついています。

 

パソコンを収納するスペースが独立しているのも特徴的ですね。他のガジェットに干渉しないのは良いことです。

 

充電器を入れるためのポケットも用意されているのは気が利いています。上の方にあるのでアクセスも良いですね。

 

素早く取り出すための工夫

これは動画を見たほうがわかりやすいのでコチラをどうぞ

メインのスペースにアクセスするのにファスナーを開ける必要はありません。

上部に付いている金具をパチっとやるだけで開くようになっています。これはこのバッグに限らずあらゆるバックパックに実装して欲しい…

 

内部のポケットにはタグが上部についていて、それを引っ張ることでポケット内にある物を引き出すことが出来ます。バッグのポケットってある程度余裕が無いと取り出しにくくなってしまいがちですが、この機能があればキッチリ入ってても楽に取り出せます。

 

同様の機能がPCの収納用コンパートメントにも装備されています。

 

まとめ

ガジェットを沢山持ち運ぶのに最適なバックパックの紹介でした。

僕はそんなに多くのガジェットを持っていませんが、それでもこういう新しいアプローチの製品を見ると欲しくなってきちゃうんですよねー。

 

かなり人気が高いらしくてアメリカの公式ストアでは売り切れが続いています。

日本の公式ストアではまだ取り扱いがないみたいです。でもこれはある意味チャンスで、他の人と被る可能性がかなり低くなります。海外の在庫が復活したら個人で輸入してみるのもアリかと思います。


2016/10/03追記

並行輸入品が最近日本でも出回り始めたようです。

下に商品リンクを張っておきますので是非どうぞ。


 

価格は235$(日本円で今のレートだと25,000円くらい)と割と高めですが、日常的にがっつり使えそうですし、ガジェッターならこのくらい安いもんでしょ?(煽り)

 

管理人使用バックパックのレビューはコチラをどうぞ↓

 

LORINZAのバックパック1ヶ月使用レビュー!他人と被らないバッグが欲しい人におすすめです。

 

MYSTERY RANCH URBAN ASSAULT 1週間使用レビュー!

 

公式のページはコチラ→THE NORTH FACE

 

ではでは〜

人気記事はコチラ