2個目におすすめしたいドリップポットの紹介。

おすすめしたいというか僕が欲しいだけなんですけどね。

こんにちは、CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。コーヒーを淹れる道具には様々な種類がありますが、今回書きたいのは「ドリップポット」のお話。

 

ドリップポットはペーパードリップやネルドリップなどのいわゆる「プアオーバーコーヒー」を淹れるために必要な道具です。僕も家では基本的にペーパーで淹れるので毎日使います。今使っているのはカリタの定番中の定番のもので、コーヒーを自分で入れ始めた時にとりあえず買ったものです。

 

最近より繊細な注ぎが出来るものや、デザインが綺麗なものがちょくちょく出てきていて、2代目のドリップポットが欲しくなったわけです。

コーヒー器具を提供しているメーカーは様々で、それだけドリップポットにも種類があります。調べていく中で気になったものがいくつかありましたので、周辺の知識も含めてまとめていくことにしましょう。

 

タカヒロ 雫

コーヒー業界で確かな地位を保ち続けるタカヒロのドリップポット。中でも「雫」は極細のノズルで容易に点滴抽出ができるようになっています。

 

出典:http://www.takahiro-inc.com/

タカヒロは長年業務用の厨房器具を扱っている会社で、カリタやハリオ等のコーヒーのイメージが強いブランドとは毛色が違いますが、このポットについては本当にコーヒーの事をよく考えて作られているように感じます。採用しているカフェも多いです。

実際はある程度コーヒーを淹れていればユキワのポットのような口が広いタイプのものでも点滴はできますが、これを使えば器用でなくてもかなり繊細に湯量が調節できます。

また、細く安定した湯量で注ぐのはポットに依存するところが大きいので、これ1つあると便利です。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a_1___100___dp09bm600450__rgb_8___

出典:http://www.takahiro-inc.com/

あまり知られてはいませんが実は大量にカラバリがあります。

 

Fellow Pour-Over Kettle

出典:http://fellowproducts.com/stagg-kettle/

Fellowから展開されているSTAGG POUR-OVER KETTLE。持ち手のデザインがかっこよくてそそるんですわ。

直線的すぎずかと言って曲線的すぎずなバランスも秀逸です。

デザインだけではなく、注ぎやすさにもこだわっており、持ち手におもりを埋め込んで重量のバランスをとっていたりして、このポットを使って大会で優勝しているバリスタさんも何人かいます。

出典:http://fellowproducts.com/stagg-kettle/

数量限定の銅メッキモデルが個人的にはツボです。この本体の金属感と持ち手やフタのマットな質感とのコントラストよ。

 

出典:http://fellowproducts.com/stagg-kettle/

上部にはアナログ温度計が配置されていて機能的にも十分。

 

本間製作所 仔犬印 コーヒーポット

金属加工で有名な新潟県燕市に居を構える「本間製作所」からラインナップされている「仔犬印」のコーヒーポット。

底の部分がすぼまっていてコンパクトな印象があります。それでいて安定感を感じさせる造形です。不思議。

 

何より取っ手から注ぎ口までの距離が近いのが良いなぁと思うんですよね。狙った所にピッタリ注げそう。

 

月兎印 ステンレス・スリムポット / スリムポット コパー

月兎印といえば琺瑯製のポットを作っているイメージが強いと思うのですが、ちょっと前にステンレスのモデルと銅製のモデルをリリースしました。

金属製になったことで加工の自由度が上がり、ノズルの先も細く注げるように工夫されています。

このプロポーションの完璧さは衝撃的です。

 

銅製のモデルがこちら。上手く言えませんが今まで見てきたポットの中で1番脳みそを揺さぶる外観です。最初見た時鳥肌立ちました。

一応今のところの本命はこちらなのですが、銅製のモデルは結構高いのでステンレスに落ち着きそう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。欲しい/欲しくなったポットはありましたか?

ドリップをする上で一番長く手を触れている器具ですから、強くこだわりをもって選びたいですよね。

 

最近バルミューダから発売されたThe Potも気にはなるのですが、僕はお湯を沸かす作業と淹れる作業は別の道具でやりたいと思っているので今のところはパスですね。ただ、先日触った感じだと普通にドリップする上では十分使えると思います。

 

いずれにせよ新しくドリップポットを買ったらレビューしますのでお楽しみに!

 

ではでは〜

人気記事はコチラ