2015 新型 MacBook Airのスペックがリーク!3月10日のSpring forwardでRetina化はあるのか!?

こんにちはCoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です。

 

 

2015年3月10日に行われるAppleの新製品発表会「Spring forward」で発表が期待される新型MacBook Airですが、スペックがリークされたようです!

 

リークが行われたのはFeng.comというフォーラムサイトで13インチモデルのスクリーンショットで情報が流されたようです。

 

その流出したスクリーンショットがこちら。

 

 

採用されているCPUはBroadwell世代のCore i5-5250Uでデュアルコア4スレッド。1.6GHzです。GPUはIntel HD Graphics 6000で、まとめるとCPU,GPUともにグレードアップしています。

 

さらに、2014年モデルのバッテリー容量が7150mAhなのに対し、2015年モデルは7422mAhということでグレードアップしていますね。

 

現行のMacBook Air13インチで12時間駆動なので、更なる長時間駆動が期待できます。これはすごい…

 

 

 

気になる解像度ですが…

 

 

 

1440×900

 

 

 

 

今回もレティナ化の期待は薄いようです…本当に楽しみにしていたんだけどなぁ

 

現在あるApple製品でRetinaディスプレイを搭載していないのはMacBook Airのみなのです。Appleには早急に対応していただきたいと思います。

 

 

まぁでも今回のリークはあくまでMacBook Airのリークということで、もしかしたらRetina化したMacBook Airは違う製品名で発表される可能性もあります。社内ではMacBook Stealthと呼ばれているそうですし。

 

 

そういえば大型のiPadの噂もあるのでもしかしたらタブレットにキーボードを付けるタイプのものになるかもしれないです。まぁ個人的にはやってほしくないですけど。

 

 

とにかくAppleの新製品発表会「Spring forward」はApple Watchがメインの発表会になりそうです。

 

それはそれで楽しみですし3月10日早く来ないかな〜

 

2015/03/10追記

3月9日SpringForwardでappleが発表した新型MacBookのまとめ

新しいMacBookとMacBook Air13インチモデルを、同じ値段で比較してみた!

新型MacBookとMacBook Airに搭載されているCPU,GPUベンチマークを比較しました!

人気記事はコチラ

 

コメント

コメントを残す

*